経済活動再開と感染状況 1)米国

 米国は世界最悪の感染者数、世界最悪の艦船死者数を出していて、いまだなお終息の気配がない。
次図は米国全体の感染状況の推移だ。最も激しい時には1日3万3千人の感染者を出していたが、いまだに1日2万人以上の感染者が出ている。
以下は全てWorldometerのデータに基づく。
米国全体.png
 2か月かってもウィルスの感染を終息させられないというのは、国の体をなしていないといわざるを得ない。これは経済再開のせいでも黒人反差別のデモのせいでもない。西側諸国でいまだ終息させられていないのは(その意思がない)スウェーデンを除くとポーランドぐらいで、一番時間のかかったイギリスでさえ4月10日の8600人から6月11日には1000人まで落ちてきたし、カナダも5月3日の2700人をピークとしてその1か月後には700人まで落ちている。
 そういう状況で経済再開をせざるを得ないのは、イランやブラジルやインドなどの途上国と何ら変わらない台所事情といえる。仕事がなくて死ぬよりはウィルスで死んだほうがまし、という政治判断は正しいだろう。
 しかし、筆者は上図の青線(発生感染者数)と橙色線(死者数)の傾きの違いが自分の予想通りだと納得している。筆者は3月の時点で5月になれば気温が上昇するのでウィルスは弱毒化し、死亡率は下がっていくと予想していた。筆者はウィルスで死ぬことは少なくなっていくのでどんどん経済を回していっていいと考えている。

 5月初旬から徐々に経済が再開され始めたが、米国の場合州によって経済再開の緩め方がかなり違うようだ。共和党系知事はどんどん経済を再開したがり、民主党系知事は慎重なようだが、感染状況は週ごとに大きく異なる。

New York、New Jersey、Michigan、Massachusetts、Illinois、Pennsylvaniaといった感染数の上位にある北東部の州は経済再開の仕方が緩やかなためか、一貫して感染は縮小方向にある。これらの州では経済再開による感染拡大を読み取ることはできない。

NYNJ.png

MIMA.png
ILPE.png
New York、Michigan、Massachusettsの3州では6月5日~9日に反黒人差別デモの影響とみられる短期的な盛り上がりがみられる。ジョージ・フロイド氏が警官に殺されたのが5月25日でMassachusetts州では1週間後の6月1日から5日まで、New York、Michigan州では11日後の6月5日から9日にかけて感染者数が瞬間的に激増しており、そのあと元に戻っている。おそらくデモの参加者はデモ参加後に律義に検査を受けに行ったと推察される。他の州ではこうしたピークが見られなかったので、一貫して減少傾向にあることといい、東北部共通の県民性(?)のようなものが感じられる。残念ながらマスクをして参加した人もマスクをしていない人の飛沫を浴びてしまったようだ。

 逆に3月から一貫して感染増加し続けている州もある。California、Texas、North Carolina、Indianaといった州である。知事が民主党系か共和党系かは関係ないようだ。行政が無能なのか市民が行政を全く無視しているのか、全く統制が利いていない。
CATX.png
NCTN.png
これらの州も、経済再開が本格化した5月半ばから2週間後の5月20日、27日あたりからはさらに増加の勢いが増しているようにも見える。

 感染拡大以降、横ばいで経済再開の影響が見えない州もある。次図はGeogia、Indiana州の感染状況の推移。
GEIN.png
 Geogia州知事は最も早くから経済活動再開をぶち上げていて、筆者は何をばかなことをと感じていたが、経済再開しても感染状況にほとんど変化がないなら、何の文句もない。(感染の終息はしないだろうが)うまくやっているといえる。

 経済再開の明らかな影響がみられる州もある。以下はFlorida、Arizona、Alabama、South Calolina州の感染状況の推移。
FLAZ.png
ALSC.png
これらの州は感染防止策に失敗したのだろう。経済活動を再開して目に見えて感染が拡大しているようではどうしようもない。
経済再開してこのように目に見えて感染が拡大するような例は世界でもそうそうない。スケールは若干違うが、それこそイランの例ぐらいだろう。
iran.png

 米国は世界の金融を支配しているし、GAFAがAIを通して世界そのものを支配しかねないほど優れているが、優れているのは国民のごく一部だけらしい。平均的な国民の教養、民度、統制のレベルの低さはとてもじゃないが先進国とは言える代物ではない、と筆者は考える
 マスクをしないのは顔を隠すのは犯罪者に見られるという文化的側面もあるし、当初はWHOも米国CDC(疾病予防研究所)もマスクの有効性を認めなかったこともあるとはいえ、同じようにマスクの習慣がなかった欧州諸国の市民がマスクを争って買い求めて広まったのに比べて、デモの参加者の半数程度がマスクもせずにシュプレヒコールを上げているというのは、理解しがたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント