テーマ:

グリア細胞の異常とALS

最近の論文の中の興味深いものをとりあえずメモしていく。 1)グリア細胞の機能異常が筋萎縮性側索硬化症に似た症状を引き起こす-東京医歯大 QLife 2017年08月28日 PM02:00 ALSに似た筋力低下や脊髄運動ニューロンの脱落を引き起こす http://www.qlifepro.com/news/20170828/s…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視床下部が老化を制御する仕組みとは?

4)視床下部が老化を制御する仕組み Nature 2017年7月27日 Ageing: How the hypothalamus controls ageing Nature 健康な視床下部幹細胞を移植することで老化を遅らせることができ、健康な視床下部幹細胞を失うと老化が加速することが、このほど行われた中齢マウスの研究で示唆さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳の行動回路の新しい分析方法の提案

最近現時点の人工知能のネットワークと脳のネットワークの違いについて考えているところで、 脳にはDNAに記録されている同種間で共通なプリインストール回路があるということを考えた。 脳が物理的にどのように行動や認識を「記憶」し「再生」ているのか、まるで分っていない。 一つの神経細胞が一つの「モノ」や「コト」に対応しているわけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コレステロールと認知症に関する考察

「高血圧はキケン」の嘘はもうやめよう。武田教授が指摘する医療の闇 MAG2NEWS 17.07.14 http://www.mag2.com/p/news/256905/2?l=xri0b6b1eb 高血圧が危険でないという証明がないわりに、過激な主張をしている人だ。 しかし低コレステロールは体に悪いというのは意外に正しそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベンチャーアイディアの例題

017年05月10日 大学発ベンチャー858社、1位は東大。2位は意外にも? 上位11校中10校が国立大学、帝国データ調べ http://newswitch.jp/p/8965 若い人がどんどん新しいビジネスのアイディアを試みられる雰囲気が社会には必要だ。 失敗してもいい。想像に失敗はつきものだし、若いうちに小さい失敗を重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳に関する衝撃的な発見

神経の同調を回復させてアルツハイマー病を治療 Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170327 原文:Nature (2016-12-08) | doi: 10.1038/540207a | Neural synchronization in Alzhe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考えるということの定義のためのメモ

今のDeepLeanringを主体とした人工知能が実現できるレベルはしょせん外面的な猿真似に過ぎない。 脳の構造を理解しないでも真似できる範囲に過ぎない。 しかし本質的な理解がなければ「考える」ことはできないと思われる。 問題が与えられれば持っている知識・情報の中で答えが出せるが、それの本当らしさを自ら測ることはできない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳の記憶、認識の進化についての考察

言葉、友人、知らない人、風景、花、動物、虫の声、音楽、味、舌触り、香り、触感…どのような仕組みで脳はこれらの全く異なる種類の情報を記憶できるのか?  ビデオデッキはアンプとモニタとスピーカという外部の再生装置を前提にした機構だが、脳の記憶は違う。 人間や生物は外に再生する装置を持たない。脳の中で再生し、照合し、認識する。 その機構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつで脳が収縮してしまう恐るべき事実

オプトジェネティクス(光遺伝子工学)を用いると思い出したくない記憶を忘れさせたり、思い出せなくなった記憶をよみがえらせたりすることができる、という興味深い報告がちょっと前にあった。 2016年3月17日 理化学研究所 プレスリリース アルツハイマー病で記憶は失われていない可能性 -アルツハイマー病モデルマウスの失われた記憶の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁と人工知能の将来

AlphaGoというディープラーニング・システムがトップ囲碁棋士イ・セドルを4勝1敗で打ち負かした。 これには囲碁を知る者としては非常なショックを受けた。 棋譜を見たりネットのログを見たりするとなおさらだ。 「石塔を知らない奴がイ・セドルに勝つなんて!」そりゃそうだ。相手を追い込んで2目捨てて総取りする石の取り方「石塔絞り」は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オプトジェネティクス(光遺伝子工学)について メモ

これまでの脳の研究は記憶や感情などについてはMRIなどで脳の大体の場所が分かるだけだったが、 今世紀になっていくつかの技術により突然、脳の「記憶」に関する細胞単位の研究/探索が可能になった。 その成果は続々と報告されている。 昨日も研-MIT神経回路遺伝学研究センターの利根川進センター長らの研究チームが興味深い発表をした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イセドルが計算機に負けた それでも遠いAIの展望

囲碁の世界ではこの10年で最強として君臨していたイ・セドル(李世ドル)が囲碁ソフト開発会社のAlphaGoという囲碁対戦AIシステムに負けた。 「人間の常識と違っていた」人工知能 vs プロ棋士 観戦したプロはこう見た posted on 2016/03/09 19:08 http://www.buzzfeed.com/sakim…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低分子EPPSがアルツハイマーを改善する可能性の報告

アミロイドβという物質がアルツハイマーの原因物質と多くの臨床医が考えている。 アミロイドβが脳内に蓄積すると分解されないプラークを作ってそれが脳細胞同士の結合をこわすのではないかともいわれているが、まだアルツハイマーの機序は解明されていない。 アミロイドβが犯人かどうかは確定していないが、一般の認知症もアミロイドβの蓄積による可能性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more