テーマ:再生医療

生物医学系の学術論文で「再現性」の記述「ほぼすべてに欠陥」

ある程度は予想していたが、これほどまでとも思わなかった。 理研の小保方氏がマスコミから袋叩きにされたとき、実は理研や他の研究機関の研究者たちも〇○細胞の生成に関するデータの出し方示し方にはそれほどの違和感を覚えていなかった。ただ、画像や文章のコピペには一様に驚いた訳だが。 ここでは論文のデータの出し方。特に新しい発見の場合、他の研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工多能性細胞(幹細胞)の本質

熊本大学の太田助教授 皮膚細胞に乳酸菌を侵入させて多能性細胞作製に成功 http://jstshingi.jp/abst/p/13/1326/6univ05.pdf これは12年12月の発表 なんでこんなにめったやたらと体細胞(皮膚細胞)から多能性細胞(幹細胞)ができるのだ? あれこれ情報を探しているうちに、興味深い考察を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「幹細胞さえあればどんな臓器も作れる?」について

「幹細胞さえあればどんな臓器も作れる?」について terutakaさん コメントありがとうございます。 僕は幹細胞にすごく期待しているのでいろいろ調べています。分からなかったことが少しずつ解明されていくのがワクワクしますね(^-^) でもまだできることはほんのちょっと… これからの進展に期待しましょう♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幹細胞さえあればどんな臓器も作れる?

iPS細胞などの万能性の高い幹細胞がありさえすれば、どんな臓器もつくれるかというとそんな簡単な話ではない。 ヒトの体は約60兆個の細胞でできているが、細胞の種類は約270種類もある。 細胞の種類が違うというのは、細胞が分化する際に数多くの種類のスイッチがONになりOFFになりした結果だ。 最初におおもとの一つの受精卵細胞が…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

皮下脂肪組織由来幹細胞ASCについて

ジョン・メイナード・スミスの「生物進化の8つの謎」という本 を読んでいて、今さら気が付いたこと。 動物は個体が形成された時点から生殖細胞という万能細胞を 保持し続けるが、植物は初期には保持していない。 植物では生殖条件がそろった時点で、いくつもの生長点で 体細胞が初期化され、生殖細胞が生まれる。 だから生物には万能幹細胞への…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more