ウィルスは弱毒化しているが、甘く見てはいけない

1.気温による弱毒化 筆者は2月3月の段階では新型コロナウィルスは最高気温が25℃ぐらいになる5月後半からは感染力が弱まり弱毒化すると予想していた。湿度が高まると空気中に漂う時間が減り感染力が低下するのと、高温期になるとウィルスを包むたんぱく質が熱で変質するため遺伝子複製時にRNAが全てほどけなくなり完全な複製が作れず毒性が弱まると予想…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウィルス これまでの知見の整理2

 新型コロナウィルスSARS-CoVー2に関しては分からないことが多い。分かっていると思っていたら筆者が知らなかったということもあり、情報は日々更新、追加されている。 前回「これまでの知見の整理」を書いたばかりで、その舌の根も乾かないうちに新たなものを<追記>以上に書かなければならなくなるとは思いもよらなかった。あまりため込んでいると自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人体に無害な222nm紫外線 良いニュース?

 新型コロナウィルスに関して希望が持てるニュースが一つとしてない中、これはというものがあったので紹介する。最初見つけた時は非常に良いニュースだと思ったが、よくよく考えてみるとそれほど甘い話ではないかもしれないと少し肩を落とした。しかし、人類が新型コロナウィルスを克服する可能性がないわけではない。日経XTECH6月15日の記事「数分の照射…
コメント:0

続きを読むread more

長江流域豪雨 他人の不幸を喜ぶ

 新型コロナウィルスで世界の経済が大きく減速している。多くの国で失業者が急増している。多くの国の市民が苦しんでいる。 だからと言って戦争を始めるような国はない。一つの例外・中国を除いて。  もともと中国共産党は「中国国民の夢」などとぶち上げて武力による台湾併合をほのめかしてきていた。尖閣諸島に大型警備艇が80日も連続でうろつきまわって…
コメント:0

続きを読むread more

もはや「異常気象」で済ませられない

 7月4日以降の豪雨で熊本、長崎、福岡、大分、鹿児島、京都、岐阜、長野各県など広範囲で河川氾濫と土砂崩れなどの水害が発生しており、まだ雨は終わっていない。特に線状降水帯が長時間発生した熊本県の被害は尋常ではなく、浸水した家屋は1万件以上とみられる。流域の家屋が全て1階以上に浸水した一昨年の岡山県倉敷市真備町の光景が熊本県人吉市で見られた…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウィルス これまでの知見の整理

 新型コロナウィルスSARS-Cov2(ウィルスの学名はSARS-Cov-2、WHOのつけたCOVID-19は症状に対する通称)に関してははっきりと分かっていないことが多い。分かっていることは「相当手ごわいウィルス」という事だけだ。 筆者の集めた知見を整理して書き終わったところで、ちょうどNHKスペシャル「人体VSウィルス」の放送があっ…
コメント:0

続きを読むread more

決断力のないグズな都知事と首相の悲哀

 昨日今日と東京都では新規感染者数が100人を超えている。このところの増加傾向は誰の目にも明らかだ。しかし、東京都は何の自粛要請もしない。強制力はなくても「自粛してください」というだけで第一波はしのげたというのに。第一波に金を使いすぎて財政余力がなくなったから営業自粛に対して「補償」できないからとか、国が緊急事態宣言しないからできないと…
コメント:0

続きを読むread more