口腔ケアで新型コロナを予防するには

 大阪府の吉村知事がうがい薬でウィルス感染者が減ったという発言をした途端うがい薬が店頭から消えて非難を浴びたらしい。

 筆者には何の話だか分からなかったが、元ネタを見つけた。Medical Tribune誌の記事『口腔ケアで新型コロナ重症化を予防!』である。
大阪大学大学院高次脳口腔機能学講座顎口腔機能治療学教授の阪井丘芳氏は「ACE2は唾液腺にも発現しており、口腔ケアが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化を防ぐために有効だ」と主張していて、2020年度第2回日本抗加齢医学会 WEBメディアセミナー(8月5日)で、口腔ケアの重要性と、自身が開発に関わるSARS-CoV-2に効果的な口腔ケア用品について解説したという。

 阪井氏によると、新型コロナウィルスSARS-Cov-2がとりつくACE2レセプターは消化管などに比べ肺での発現量は少なく、肺よりもむしろ唾液腺でやや多く認められるため、口腔・咽頭粘膜はSARS-CoV-2の侵入経路となり、唾液腺はその貯留庫になる可能性が高いという。

 肺より唾液腺の方がACE2レセプターが多く発現しているという話は初耳だが、唾液検査で痰(気管面膜)や鼻粘膜と同精度でウィルスを検出できているので、唾液腺がウィルスが最初に侵入する経路になることは十分にあり得ると考えられる。
次図は唾液腺の場所を表したもの。(MSDマニュアル家庭版より転載)
唾液腺.png

 となると唾液腺に付着したウィルスを1日数回あるいはリスクを感じた時に適宜消毒することができれば感染リスクを下げられる可能性は出てくる。
 「うがいで新型コロナ対策」というのはあながちガセネタではないらしい

 だがしかし、うがい薬イソジンのポビドンヨードという成分が新型コロナウィルスSARS-Cov-2を消毒できるかどうかは大阪府立病院機構や大阪はびきの医療センターあたりで検証中らしいので、まだ「かもしれない話」に過ぎない。

 大阪大学の共同研究チームは、要時生成型亜塩素酸イオン水溶液「Matching Transformation system(MA-T)」(エースネット社製造)100oom(0.01%)を1分間新型コロナウィルスSARS-Cov-2に接触させると98%不活性化するのを確認したという。MA-Tは洗口液などの成分としてもすでに利用され、高い評価を得ているという。大阪大学、アース製薬とエースネット社の共同でジェル化したMA-Tを使った口腔ケア用品を開発中とのことである。
 MA-Tを使用するメリットとして①口腔内の喀痰や血餅、汚れを溶かしやすいため、医療従事者が安全かつ迅速に口腔ケアを実施できる②患者が誤嚥しにくく、苦痛が少ない③インフルエンザウイルスやノロウイルス、カンジダ菌、齲蝕菌、歯周病菌、B型/C型肝炎ウイルスなどに対しても有効性が期待できる、ということだ。

 MA-Tはネットでも入手可能なようなので、本当に心配な向きはうがい薬よりはこちらを当られた方がいいかもしれない。
大阪大学らがジェル製品を開発しているのは病人や高齢者が誤飲するのを防ぐ意味なので、健康な一般人なら今あるMA-Tで十分だ。

 ただし、「これさえあれば飲み会やカラオケも大丈夫」というほど強い予防効果を期待するのは酷かもしれない
 そもそも飲み会やカラオケの前にうがいしても意味はないだろうし、2時間の飲み会やカラオケの後でウィルスを消毒しても時すでに遅しでウィルスは唾液腺の細胞に侵入した後かもしれない。どんな消毒液でも体細胞に侵入後に撃退できるようなものはない(接触できない)ので、細胞に侵入された後では、免疫系のマクロファージやT細胞の攻撃にお任せするしかなくなる。
 かといって飲み会やカラオケの最中に30分おきに「うがいタイム」をとって参加者全員でうがいできるだろうか?30分に1回で間に合うのだろうか?
 誰かに実験してもらわない限り、不明である。

 だから決定的な予防方法とはいいがたく、気休めに過ぎないように筆者には思える。
 それでも歯周菌が肺に移行するのを防ぐような効果があるので、口腔ケアそのものは病院内介護施設内では重症化を防ぐ有効な手段だろう。


提言
 むしろ、ラグビーや柔道といったハードコンタクトのスポーツ選手たちがPCR検査の費用をかけずに「30分に一回のうがいタイム」で感染防止ができるのなら、是非動物実験などで検証試験を行ってほしい。
 例えば実験動物をある一定の濃度の風邪のコロナウィルスのエアロゾルの雰囲気に2時間おいて、30分間隔で消毒した場合、1時間おきに消毒した場合、2時間後に消毒した場合で唾液腺上のウィルスの侵入数を調べる。これをいくつかのエアロゾル濃度で行えば、最適解が出てくるかもしれない。
 現状は、そういう科学的な根拠に基づくガイダンスがないと、ハードコンタクトのスポーツが成り立たなくなっている厳しい状況だ。

 以前にも触れたが運動強度による免疫低下もウィルス感染のリスクを高めるので注意が必要になる。どんなスポーツ/運動をするにも、どの程度の強度で練習を中断すべきかについても、ガイダンスを作ってもらいたい。短距離走、長距離走、短距離水泳、長距離水泳、剣道、柔道、相撲、野球、サッカー、テニスなど種目別に、共通的なトレーニングがいくつかあると思うが、それぞれについてこれ以上はコロナ対策上やめるべきというガイドラインが必要となっていると思う。運動強度が高くなるとストレスホルモンのコルチゾールの濃度が上がることにより免疫系の活性が抑えられる。個人差もあるのである程度幅をもたせた答えになるかもしれないが、中学高校大学などの部活動ではガイドラインが必要だろうと考える。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント